パッケージ・キャッシュの整理

2018-03-31Arch

Arch Linuxを使っていると、ローリング・リリースなので便利だが、キャッシュにパッケージ・ファイルが溜まってくる。
ディスク容量を圧迫してしまうので、ときには整理しないとまずい。
du /var/cache/pacman/pkg -shで、実際の容量を確認したら、
pacman -Scで削除すればよいが、現在インストールされているパッケージ以外はすべて削除されてしまう。

pacman -S pacman-contribでpaccacheをインストールすると便利。
paccache -rvk2で、一つ前のバージョンまで残して削除することができる。
paccache -rvuk0で、インストールされていないパッケージをすべて削除できる。
rdに置き換えることにより、実際に削除することなく、削除対象を確認することができるので、便利。

More from my site