ブラザーMFC-J6510DW

安いA3スキャナーが欲しくて購入した。
ただ、スキャナがエッジまで読み込めないのが不便。
でも、A3プリントができて、給紙トレイも大きく、4色インクでもそれなりに綺麗で、気に入っている。
このプリンタは、linux用のドライバも提供されているので、さらによい。
メーカーのサイトから、LPD/LPRng 用ドライバーと CUPS 用ドライバーをダウンロードする。
http://support.brother.co.jp/j/b/downloadlist.aspx?c=jp&lang=ja&prod=mfcj6510dw&os=128
LPD/LPRng 用ドライバがRPMと誤表示されている。
# apt install cups
# apt install lib32stdc++6
サイトの説明では、32ビットライブラリの名前がubuntuと誤表記されている。
# dpkg -i –force-all mfcj6510dwlpr-3.0.0-1.i386.deb
# dpkg -i –force-all mfcj6510dwcupswrapperpr-3.0.0-1.i386.deb
後は、http://localhost:631/adminでデフォルト設定を変更する。
Media SizeをLetterからA4に、Two-SidedをLong-Edge Bindingに、Media TypeをPlain Duplex Paperに変更する。
終われば、テストページを印刷して確認。

More from my site

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です