ubuntuの小技

最近は、apt-getではなくて、aptなのね。Debian管理者ハンドブックによると、もっとも推奨されるのはaptとのことだ。
でも、apt list –installedとかすると、apt does not have a stabel CLI interfaceと警告が出る。
# apt update
# apt upgrade
# apt autoremove
# apt autoclean
リリースの表示は、/etc/lsb-releaseを見てもよい。
ハイフンとアンダーバーがややこしい。
# lsb_release -a
Distributor ID: Ubuntu
Description: Ubuntu 16.04.4 LTS
Release: 16.04
Codename: xenial
# cat /etc/debian_version
stretch/sid
# apt install nginx
# ufw app list
# systemctl start nginx
# systemctl status nginx
再インストール
# apt install nginx –reinstall
インストール済みパッケージの確認
# apt list –installed | grep -i nginx

再インストールで設定ファイルも含めて初期化するためには、パッケージをpurgeしておく必要があるが、autoremoveでもpurgeしておかないといけない。
# apt purge asterisk
# apt autoremove –purge
# apt install asterisk

タイムゾーンの変更
# dpkg-reconfigure tzdata

DNSサーバの問い合わせ、hostやdigを使うため。
Arch linuxなら、bind-toolsなのだが。
# apt install dnsutils
ドメインの情報には、whoisの方が便利。

ハイフンで始まるファイル名の削除
# rm -i — -bad_name

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です