ネットワークの設定

基本はいままで通り。
squeezeのインストール段階で、eth1はDHCPにしているので、DHCPクライアントはisc-dhcp-clientがインストール済み。
/etc/network/interfacesを編集して、eth0にLANの設定を追加。
ネットワークやブロードキャストアドレスは不用

auto eth0
iface eth0 inet static
address 192.168.xx.xx
netmask 255.255.255.0

dnsmasqをインストールして、/etc/dnsmasq.confを編集。

interface=eth0
domain=localnet
dhcp-range=192.168.xx.xx,192.168.xx.xx,255.255.255.0,24h
dhcp-host=winname,192.168.xx.xx
dhcp-ignore=tag;!known

/etc/dhcp/dhclient.confで
pretend domain-name-servers 127.0.0.1;をコメントアウトして
resolv.confに自分自身を加えるように変更。
/etc/hostsにローカルなホスト名を追加
以上で、ネットワークインターフェースとDNSキャッシュとDHCPサーバがセット完了。

More from my site

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です