btrfsは便利

2017-10-07debian

mkfs.btrfs -L RAID1 -m rda1 -d raid1 /dev/sdc1 /dev/sdd1
これで、RAID1が構築できる。
ここで、/dev/sdd1を故意に破壊。
mount /dev/sdc1 /mntでマウントできなくなる。btrfsはマウントできないと何もできないので、焦ったが、
mount -o degraded /dev/sdc1 /mntで、マウントできる。
btrfs device delete missing /mntで、消失デバイスを除き、
btrfs device add /dev/sdd1 /mntで、新たなデバイスを追加する。
自動で、再構築するようだが、容量が大きいととても時間がかかるようだ。
btrfs fi usage /pathで確認すると、singleの部分が残っている。
btrfs balance start /pathで、singleの部分がなくなり、完全に再構築された。
4TBのハードディスクに、fdiskでgptのパーティションをつくったが、verifyでエラーになり、
gpartedを、利用した。原因不明。瓦記録のHDDだからなのか?

デバイスを後から加えて、RAID1を構成することも簡単にできる。
mkfs.btrfs /dev/sdb1
mount /dev/sdb1 /mnt
btrfs device add /dev/sdc1 /mnt
btrfs balance start -dconvet=raid1 -mconvert=raid1