ひさびさのsamba

2018-10-07debian

ひさびさにファイル共有。
# apt install samba smbclient
# mkdir /home/share
# chmod 777 /home/share
# vi /etc/samba/smb.conf

workgroup = WORKGROUP
interfaces = 127.0.0.0/8 10.0.0.0/24

bind interfaces only = yes
map to guest = Bad User
[Share]
path = /home/share
writable = yes
guest ok = yes
guest only = yes
create mode = 0777
directory mode = 0777
# testparm; 確認
# systemctl restart smbd
これで、nobody:nogroupで共有される。
# smbtree -N -b
# smbstatus -L; ロックファイルだけを表示した方がわかりやすい
# hddtemp /dev/sda; ディスクの温度もチェック

#btrfs check /dev/sda1; なぜかエラー
cache and super generation don’t match, space cache will be invalidated
マウント後にscrubで解決。–clear-space-cacheは、btrfs-progs v4.7.3にはない。
# btrfs scrub start /dev/sda1

HDDの一覧は、fdisk -lより、lsblk -fが便利。

debianでは、Archと違い、起動時にiptablesのルールがないので、インターフェースのスクリプトで設定しなければならない。

面倒なのでufwを使うことにした。