日本語FEP

emacsではなくvi派なので、日本語表示のためにvimをインストール
日本語コードを明示するために、vimrcを編集。
/etc/vim/vimrc
> set encoding=utf-8
日本語入力のために、jvim-cannaをインストール
日本語コードを自動判別してくれて便利だが、判別が完全ではない。
/etc/jvimrc
> jmast=ttt
jcode=tを追加すると、強制的にutf-8になるが、vimとの優位性がない。
jvim-cannaはあきらめた。
FEPを導入するために、uim-fepとuim-cannaをインストール。
#LANG=ja-JP.UTF-8 uim-fep -u canna
CTRL+\で無事cannaが日本語入力が可能。
昔のDOSのみたいで懐かしい。